新聞記者も結構大変なんです。


by 9gw50n63yq

教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)

 文部科学省は、教員免許制度や教員養成課程など「教員の質」に関する制度改革に取り組む方針を固めた。

 6月にも、文科相の諮問機関である中央教育審議会(中教審、三村明夫会長)に諮問する。免許制度の抜本見直しや養成課程の延長が議論される見通しだ。

 民主党は、実践的な指導力のない教員がいることは免許制度に原因があると見ている。養成課程についても、教育実習の時間が少ないことなどを問題視している。2009年の衆院選では、政権公約(マニフェスト)に「教員免許制度の抜本的見直し」「教員養成課程の6年制化」を掲げた。

 今回の諮問も、こうした問題意識に沿って行われる。具体的には、「教員の質の向上策」をテーマに、〈1〉教員志望者の養成〈2〉教員の採用〈3〉教員の研修――について、望ましい制度の検討を求める方針だ。個別の検討項目は指定しない考えだが、免許制度や養成課程が議題となる見込みだ。

 同省は答申を受け、早ければ11年の通常国会に関連法案を提出したい考えだ。

<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?(読売新聞)
養父母、「女性は妹」=周囲に不自然説明−袋詰め遺体・大阪府警(時事通信)
“平成の遣唐使船”北九州・門司港に到着(読売新聞)
岡田外相が核軍縮要求、「心配ない」と中国外相(読売新聞)
[PR]
by 9gw50n63yq | 2010-05-19 18:48